どうしてまつげがハゲるのか?

どうしてまつげがハゲるのか?[まつげが伸びる美容液ランキング]

どうしてまつげがハゲるのか?

生まれつきまつげの本数が少なめな人や、細くてまばらな人もいますが、「昔はこうじゃなかったのに・・・」というような変化が起きている人もいます。

 

なぜまつげに元気が無くなるような状況になってしまうのでしょう。まつげ美容液などでケアするのと並行して、自分でまつげが抜けてしまうのを食い止める方法について調べてみましょう。

 

・メイクが負担になっている

まつげが少ない、元気が無いと言って過剰にまつげのメイクに手を入れてしまうことが、余計にまつげがハゲてしまう原因を作っている場合があります。

 

人によっては部分的にゴッソリ抜け落ちてしまうようなショックなことも。

 

多くはビューラーやまつげカーラー、まつげパーマなどで大きな負担をかけていることが原因です。
まつげが傷むとそれだけ早く抜け落ちてしまうので、なるべくならいじりたくはないですね。

 

・クレンジングが負担になっている

濃いアイメイクをした後は、専用のリムーバーでしっかりメイクを落とさないと肌の負担になってしまうのは確かです。

 

でもそのクレンジング行為がまつげにとっては負担になってしまっている場合があります。

 

実は専用のオフ剤の中にはかなり刺激が強い成分があって、まつげのキューティクルを剥がして弱くしてしまうケースが多いのです。アイメイクは、つけたらリムーブが絶対ですから、まつげが弱まって来たらしばらくアイメイク自体を控えるなどの対策を取りましょう。

 

・つけまつげが負担になっている

つけまつげを落とさないように接着剤を使うわけですから、まつげそのものにも負担ですし、まぶたにも負担になります。

 

しかもつけまつげはまつげが生えている際に付けないとメイクがおかしくなるので、なるべくギリギリに付けようとしますよね。あまり使いすぎるとまつげが生えている根元の皮膚がカサついてきますので、立て続けに使うのは避けたほうが無難です。

 

・栄養が足りていない

まつげも髪の毛と同じですから、栄養が足りていないとしっかり強く生えて来てくれません。
偏った食事をしていないか、まつげの健康状態が悪い時には反省してみましょう。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ